入院のご案内

入院のご案内


病棟

医療療養病棟(2・3階 52床)

医療療養病棟は、急性期病院での治療後も引き続き医療の必要度が高く、病院での療養を継続的に必要とする患者様が入院可能です。厚生労働省が定めた「医療区分」のうち2・3に該当する方が対象です。
当院では、病状が安定した方や維持期のリハビリテーションに移行された方には、医師の判断により、おおよそ2~6か月間のうちに自宅・在宅施設への退院、長期入院が可能な他の医療機関への転院をお願いしています。

医療区分2、3に該当する方の例
・肺炎の治療中
・尿路感染症の治療中
・リハビリが必要な疾患が発症してから30日以内
・脱水かつ発熱を伴う状態
・頻回の嘔吐かつ発熱を伴う状態
・褥瘡
・医師及び看護師により、常時監視・管理を実施している状態
・難病(医療受給者証の交付又は特定医療費の支給の基準を満たす方)
・脊髄損傷(頸髄損傷)
・慢性閉塞性肺疾(COPD)
・疼痛コントロールが必要な悪性腫瘍              など
・24時間持続点滴
・中心静脈栄養
・人工呼吸器使用
・感染隔離室における管理
・酸素療法
・発熱又は嘔吐を伴う場合の経腸栄養
・喀痰吸引(1日8回以上)
・気管切開
・インスリン治療
・創傷(1日2回以上処置が必要)               など

 

回復期リハビリテーション病棟(4階 20床)

回復期リハビリテーション病棟へ入棟は、厚生労働省によって、疾患などの条件や入院期間を定めてられており、医師による判断が必要になります。疾患の発症から最長で2ヵ月以内の患者様が対象となり、対象疾患ごとに決められた期間(1~2ヵ月以内)に入棟が必要になります。疾患・状態により異なりますが、入院期間は90~180日と定められています。疾患や状態により入院期間が異なります。
詳しくはこちらをご覧ください→回復期リハビリテーション

                       (平成30年10月1日現在)

 

入院の流れ

 

20170403_nyuinnonagare_1.PNG

 

 


予約入院の方は、午前10時までにご来院ください。
外来での診察・検査終了後に病室へご案内いたします。ご準備していただくものは入院が決まりましたらご説明させていただきます。
ご不明な点がございましたら、受付または地域連携室へご相談ください。

保険外の負担料金について

  • 紙オムツは当院指定のものを使用していただくため、持ち込みはお断りしております。
  • 寝巻き、肌着、タオル、バスタオルの入院セットレンタルの利用をおすすめしております。詳しくは入院セットレンタルのご案内(PDF)をご覧ください。
  • 外部業者の洗濯サービスを利用される場合は1kg 500円をいただきます。また院内のコインランドリーもご利用できます。
  • 特別室 3階310号室 1日 7000円(テレビ・浴室・トイレあり)

※保険外の負担料金について詳しくは保険外負担料金同意書(PDF)をご覧ください。

 

面会について

  • 面会時間は14:00~20:00となっております。
  • 面会の際は、各病棟スタッフステーションをお尋ねください。
  • 患者様の症状によっては面会をお断りさせていただく場合がございます。

その他

  • 当院は建物内禁煙となっております。
  • 病院駐車場に入院患者様のお車の駐車はできません。面会される方のお車の長時間の駐車はご遠慮ください。
  • 入院のしおりはこちら入院のしおり(PDF)をご覧ください。
ご相談・お問い合わせ

入院のご相談は地域連携室にて承ります。下記の担当までお問合せください。

中江病院 地域連携室

ソーシャルワーカー

 

  • TEL:099-224-3121(代表)
  • FAX:099-224-3122(代表)
  • メール:msw.renkei@nakae-hp.jp
  • 受付時間
    月曜日〜土曜日 8:30〜17:00
  • 担当 松崎、藤田、小池
※担当不在日は緊急の場合を除いて後日ご連絡させていただきます。

 


病棟(2階〜4階)

木目調を基調にした暖かい雰囲気のなかで療養していただけます。

廊下

廊下

食堂兼談話室

食堂兼談話室

2人部屋

2人部屋

特別室

 

nyuuigoannaitokusitu_2018.7.6.png

 

 

インドアビュー